もみのきハウスの鍼灸・整体講話
患者様の声
インフォメーション
リンク
マップ

茨城県の県南地域(牛久市、つくば市
土浦市、龍ヶ崎市、阿見町、取手市
つくばみらい市、美浦村など)に
密着した、鍼灸(整体)治療院です。

【住所】
〒300-1234
茨城県牛久市中央5-19-12

【TEL】※予約の方優先です
029-873-6499

【診療時間】
平日  09:30~13:00 / 15:00~21:00
土日祝 09:30~13:00 / 14:00~18:00

【休診日】
月曜日 / 木曜日(日曜診療)

牛久市の鍼灸(整体)治療院もみのきハウスの詳細はこちら

HOME > もみのきハウスのカルテからの報告 > アーカイブ > 2013年4月アーカイブ

もみのきハウスのカルテからの報告 2013年4月アーカイブ

首から肩の痛み ひたち野うしくからのM様(鍼灸)

主訴 右首から肩にかけての痛み 牛久市20代女性

 

授乳中のお母さん。妊娠する前から首には違和感がありました。

中学生のときに交通事故に遭ってます。(そのときに鍼治療も経験されました)

 

上を向くと肩甲骨あたりまで痛みがでます。

痛みが右側に限定してますので、交通事故の後遺症と授乳のときの

不自然な体勢によって、痛みがでてきたようです。


首から肩の痛み ひたち野うしくからのM様(鍼灸)の続きを読む

肩甲間部のこり 牛久市のR様(整体)  

主訴 肩甲間部のこり、首のこり、肩こり 牛久市30代女性

 

立ちっぱなしでお仕事をされています。

工場での作業ですが、この方の身長と、作業台の高さが合ってないので、

常に肘が体幹から離れています。ゆえに肩から肩甲間部のこり感が強いです。

 

肩こりから首のこり、そして頭痛などを併発することがあります。


肩甲間部のこり 牛久市のR様(整体)  の続きを読む

首の痛み 取手市のN様(鍼治療)

主訴 首の痛み 取手市 40代男性

 

年に2~3回ですが、毎年いらっしゃいます。

毎回、同じような首の痛みです。

 

ディスクワークでパソコンに向かっている時間が長いのと、

交通事故でムチウチの経験があるのとで、

常に肩こりや首のこりがあります。

 

そして、季節の変わり目には決まって、

首の寝違え様の痛みが起こります。

 


首の痛み 取手市のN様(鍼治療)の続きを読む

四十肩(五十肩) つくばみらい市のM様(鍼灸)

主訴 左肩関節の痛み(四十肩様) つくばみらい市 40代男性

 

主にディスクワークをやってる方です。

1日中、パソコンと向き合ってる日もあります。

 

ゴルフをきっかけに左肩を動かすと痛くなりはじめ、

当院にいらっしゃったときには、着替えることも苦痛な状態でした。

 

 


四十肩(五十肩) つくばみらい市のM様(鍼灸)の続きを読む

首こりと肩こり 牛久市のY様(鍼灸)

主訴 首こり、肩こり(牛久市 40代 女性)

 

介護のお仕事をされている方です。

首のコリ感がひどく、頭が重かったり、めまいがすることもあります。

 

以前に交通事故でムチウチ症状になったことがあるのと、

お仕事によりコリ感が増悪したものと思われます。

 


首こりと肩こり 牛久市のY様(鍼灸)の続きを読む

腰痛 龍ヶ崎市のT様(鍼&整体)

主訴 腰痛(左足のふとももの後ろ側にビビッと電気が走るような痛み) 龍ヶ崎市 50代 女性

 

介護のお仕事を10年近くされています。

最近2年くらいは、夜勤もやるようになりました。

 

腰痛は、7~8年前から。ギックリ腰の経験もあります。

 

前にかがむことは出来ますが、後ろに反らすとビビッときます。

左横に倒すと痛みがあり、右横に倒しても痛みがありませんでした。


腰痛 龍ヶ崎市のT様(鍼&整体)の続きを読む

光がまぶしくて瞬きがはげしい 美浦村のY様(鍼灸)

主訴 光がまぶしく感じ、まばたきが激しくなる(不随意) 美浦村 40代男性

 

美浦の方で、やはり馬関係のお仕事。厩舎にお勤めです。

4ヶ月前から、まばたきのひどい症状になり、最初は眼科、次に心療内科

と渡り歩き、安定剤を処方されていました。

 

テレビを見ているときや、夜のクルマの運転時に、

1番激しく動くとのことでした。

 


光がまぶしくて瞬きがはげしい 美浦村のY様(鍼灸)の続きを読む

腰痛 阿見町のS様(鍼&整体)

主訴 腰痛(慢性的な腰痛) 阿見町 30代 女性

 

介護のお仕事をされている方です。

主訴は腰痛ですが、首の痛いこともあります。

肩こりはつねに、だそうです。

 

鍼治療は、初めてでした。

 

 


腰痛 阿見町のS様(鍼&整体)の続きを読む

1

« 2013年3月 | メインページ | アーカイブ | 2013年5月 »

このページのトップへ