もみのきハウスの鍼灸・整体講話
患者様の声
インフォメーション
リンク
マップ

茨城県の県南地域(牛久市、つくば市
土浦市、龍ヶ崎市、阿見町、取手市
つくばみらい市、美浦村など)に
密着した、鍼灸(整体)治療院です。

【住所】
〒300-1234
茨城県牛久市中央5-19-12

【TEL】※予約の方優先です
029-873-6499

【診療時間】
平日  09:30~13:00 / 15:00~21:00
土日祝 09:30~13:00 / 14:00~18:00

【休診日】
月曜日 / 木曜日(日曜診療)

牛久市の鍼灸(整体)治療院もみのきハウスの詳細はこちら

HOME > 当院の治療 > 鍼とお灸

当院の治療 - 鍼とお灸

鍼灸治療について

間接灸
間接灸

灸頭鍼
灸頭鍼
鍼灸治療で通常使用している鍼は、和鍼と呼ばれるものです。
長さは39mm~60mm、太さは0.18㎜~0.24㎜といろいろあります。
症状や患者さまの体格などに合わせて使い分けます。
中国針は、急性腰痛(ギックリ腰)や頭部置鍼に使います。
和鍼に比べるとやや太い(30mm)ものを使用しております。
どちらの鍼も使い捨て(ディスポーザブル)です。
安全面、衛生面でも問題ありません。

円皮鍼は、形状としては画鋲のようなものです。
画鋲というと驚かれる方が多いのですが、あくまでも形状をイメージしていただくための"たとえ"であって、当院で使用している円皮鍼は、鍼部分が太さ0.2mm、長さ0.6㎜なので、目を凝らして見ないと鍼が見えないくらいのものです。
鍼がちょっと怖いという方や経筋(けいきん)治療に使用します。

灸頭鍼とは、鍼の上にもぐさを載せる鍼で、身体を温めることや、外気(がいき)を整える目的で使います。
当院では、もぐさを炭化させたものを使用することで、安全面(ヤケドの防止)に配慮しております。

もぐさを直接肌にのせるお灸は、直接灸といって、痕を残す(わざと火傷をさせる)ことによって、自然治癒力を高めるものです。
当院では間接灸といって多少の熱さはあるものの、痕の残りにくいお灸を使用します。
とくに身体の冷えを改善する目的で使用します。

経筋(体表と筋肉に流れていて、その病は筋肉の疾患になります)
外気(身体の外側を流れている気。体内への邪気の進入を防ぐ役割をします。衛気ともいいます)

中国針
中国針
和鍼
和鍼
灸頭鍼
灸頭鍼

和鍼
円皮鍼
間接灸


このページのトップへ