ワインオープナーを侮ることなかれ

オープナーが根元から折れてしまった

ワイン通販通販・お取り寄せ・販売【ぐるすぐり】

それは当時付き合っていた彼女の誕生日でした。
当日、彼女をお祝いするために手料理を作ってロワールの赤とブルゴーニュの白1本ずつ購入し、準備をしていました。
そして、いざ開栓としたその時でした。
なんとオープナーが根元から折れてしまったのです。
もちろん、このままではどうしようもないので新しいもの買いに行ったのですが、近所には100均やホームセンターもなかったので、自転車で15分ほどのところにある100均に行き、そこで新しいものを買ってから家に帰りました。
既に30分ほど待たされた彼女は別に怒っているわけではありませんでしたが、やはり気まずい空気が漂っていました。
そして今度は折れないように慎重にコルクに差し込み、もう一度上に向かって抜いてみたのですが、なんと2本目も折れてしまったのです。
これでもう心も完全に折れてしまいました。
というのも、さっき買いに行った100円均一にはオープナーが残り1本しかなかったので、次はもっと遠いお店まで探しに行かなければならなかったからです。
結局この日は用意した2本とも飲むことができなかったので、仕方なく近所のコンビニにビールとスクリューキャップで開けることができるワインを買いに行って飲むことにしました。
しかし、用意しておいたロワールの赤とブルゴーニュの白に対する期待が大きかっただけに、コンビニで買った安いスクリューキャップのワインが不味く感じられ結局ほとんど残してしまいました。
これを機に安いオープナーから卒業しようと決心したので、今度はらせん部分が太くて丈夫そうなものを3000円ほどで購入しました。
それ以降、2度と折れてしまうというトラブルに見舞われることはありませんでしたが、思いもよらないトラブルに見舞われることになります。

オープナーに関してはチープなものを使っていましたオープナーが根元から折れてしまった20000円程度のソムリエナイフを購入することにしました